将来の筋肉の質は筋肉量と体脂肪量のバランスが影響!!

基礎知識
この記事は約5分で読めます。
”この記事を書いた人”
山下真司をフォローする

【Point 1.】加齢にともなって全身の筋力や筋肉の質が低下するが、その低下には個人差がある

【Point 2.】全身の筋肉量や体脂肪量は、将来の筋肉の質に影響する事がわかった

【Point 3.】まずは家庭用の体重計を使って、自身の筋肉と脂肪のバランスを確認してみよう

人間誰しも、年を取るにつれて筋肉の質は低下していきます

筋肉の質と言っても、その定義は様々です。

例えば、ストレッチなどをした際に「身体がかたい」と言われれば、筋肉の伸長性が低下しているため「質が低い」となるでしょう。

あるいは、ぱっと見で体格がよくても、筋肉の繊維が細かったり少なかったりすると、「筋肉の質が低い」状態と考えられます。

また最近では、年をとるにつれて筋肉の細胞が変性し、脂肪などに変わってしまうとも言われています(参考文献・参考資料1)。

これも「筋肉の質が低下した」と言えるでしょう。

現在では「サルコペニアの新たな定義と指標!ーヨーロッパからの最新の報告ー」などでもご紹介したように、MRI画像やCT画像、エコー画像などの医療画像を用いて、このような「筋肉の質」を評価する取り組みが進んでいます。

では、このような筋肉の質が低下しやすい人にはどのような特徴があるのでしょうか?

今回は全身の筋肉の量と体脂肪の量のバランスに着目し、年をとるにつれて筋肉の質がどのように変化するか調べた研究をご紹介します。

足の筋力と筋肉の断面積から筋肉の質を推定!

この研究では、50歳以上の男女511名を対象としました。

研究を始めた段階で、X線を利用した特殊な機械(DEXA)を用いて、全身の体脂肪量と筋肉量(正確には除脂肪量)を測定しました。

この機械はX線の透過率(X線の通りやすさ)の違いを利用して、骨量や体脂肪量、筋肉量を測定することができます。

「筋肉の質」は足の筋力と筋肉の断面積から推定され、研究を始めた段階と研究開始から約4年後に評価しました。

足の筋力は、主に膝を伸ばす際に働く太ももの力(大腿四頭筋の筋力)で測定しました。

筋肉の断面積は、太ももの筋肉(大腿四頭筋)をCT画像で測定し、以下の式を用いて筋肉の質を数値化しました。

筋肉の質=太ももの力(大腿四頭筋の筋力)÷ 太ももの筋肉(大腿四頭筋)の断面積

この計算式では、筋肉の断面積が大きいのにも関わらず上手く力を発揮できないような方が「筋肉の質が低い人」に該当します

つまり、この値が低ければ低いほど、筋肉の質が低いことを示します。

4年間で筋肉の質は明らかに低下している!

解析の結果、年齢や性別に関係なく、4年間で筋肉の質は低下することが明らかとなりました

これは年齢を10歳ごとに分けて解析しても、結果は変わりませんでした。

なお、体重や体格の指標であるBMIとの関連はありませんでした。

筋肉量が少なく体脂肪量が多いと質の低下は早い?!

様々な要因で解析を行った結果、研究を始めた段階で体脂肪量が多い場合(体脂肪率が高い場合)と筋肉量が少ない場合は、そうでない方と比較して、4年後の筋肉の質がより低下していることが分かりました。

特に、体脂肪量が多く筋肉量が少ない対象者と体脂肪量が少なく筋肉量が保たれた対象者との差は最も顕著でした。

ご自身の体脂肪量を気にしてみよう!

今回ご紹介した研究の結果から、体脂肪量が多い場合もしくは筋肉量が少ない場合に筋肉の質が低下しやすいことが明らかとなりました。

また、この関連は体格の指標の1つであるBMIに関係なく見られました。

つまり、将来の筋肉の質には体格ではなく、体格を構成している筋肉や脂肪のバランスが重要であることが示されました。

今回体脂肪量を測定するのに使用したDEXAと呼ばれる機械は、比較的正確に筋肉量(除脂肪量)や体脂肪量を測定することができますが、高価な機械であり、一部の医療機関しか所持していないというデメリットもあります。

一方で、家庭にある最近の体重計は、体重だけでなく体脂肪率や筋肉量なども測定できるものがあります。

つまり、どなたでも簡単に筋肉量や体脂肪量を測定することができます。

しかし、この測定は姿勢や体水分量などの影響を受けるので、今の身体の状態を正確に把握するためには日や時間を置いて何回か測定してみることがオススメです。

1日の生活の中でも体脂肪率が1-2%程度、変化することがわかるでしょう。

ちなみに厚生労働省では、体脂肪率が男性では25%以上、女性では30%以上を「肥満」としています(参考文献・参考資料2)。

どのくらいの体脂肪量であればバランスが良いのかは今回の結果ではわかりませんが、この値を1つの目安にしてみるのもよいかもしれません。

筋肉のいい状態をできるだけ長く保つためにも、これを機に、ご自身の体脂肪量を今一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

※ この記事は2020年8月13日に一部リライトされました。


ー紹介文献情報ー

【雑誌名】J Cachexia Sarcopenia Muscle. 2017 Jun;8(3):490-499.

【筆頭著者】Fabbri E

【タイトル】Early body composition, but not body mass, is associated with future accelerated decline in muscle quality.

【PMID: 28198113